--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/24

ジギング天国ノースカロライナ

1_0_20101024080104.jpg

昨年9月、大爆釣で全員40キロオーバーをキャッチしたノースカロライナに今年もチャレンジした。出発直前の情報では尾叉長64インチ、63インチなど、重さに換算して55キロ前後のカンパチが連続でキャッチされていた。俺の自己記録は1996年6月に奄美で釣った50キロ(全長170センチ)である。今回も更新するチャンスはかなりありそうだ。ちなみに64インチは友人のレイモンである。

ただ天候があまり良くありそうもない。4日間やれる予定だったが、出船できるのは2日間が限度らしい。しかも2日目は午後から荒れるので早上がりとなりそうだ。

アメリカ人はカンパチを食べない。それが原因なのかジギングの普及率はかなり低い。ヨーロッパ、特にスペイン、イタリア、フランスなどはかなり普及している。中でもフランスはGTの普及率もかなり高い。その数は日本をすでに上回っているような気がする。アメリカもようやくGTゲームが広まりつつあるが、かなりゆっくりしたペースである。マグロのキャスティングは陸路で行けることもあってか、かなり広まっている。しかしGTは飛行機で移動しなければならない。最近のアメリカは記録的なドル安である。国内の景気も沈滞気味だ。いろんな要素があってジギングもGTも伸びないのかもしれない。ちなみにアメリカ人でジギングをするのはシンガポール人など華僑が多い。続いてタイ人、韓国人などである。人口の半分近くを占める白人はほとんどやらない。西欧の他に白人圏でジギングが盛んなところと言えば、なんといってもニュージーランドである。人口は420万と少ないが、国民のレジャー、スポーツとして釣りの地位がとにかく高い。そしてヒラマサ、マダイ、バス(グルーパー)、ハプーカ、テロキーなどジギングのターゲットが豊富である。

そんなわけでノースカロライナのジギングは釣れ続くのだろう。日本国内なら、こんな凄い場所はあっという間に叩かれまくってすぐに釣れなくなってしまう。ヒラマサ、ブリは回遊する魚なので毎年群れが入ってくれば釣果が期待できるが、カンパチはある程度まで成長すると根に付く習性がある。そのため何度か同じ根を叩くとパタッと釣れなくなる。これはカンパチがいなくなったのではなくて、ジグを学習してしまうことが原因だ。ジギングで釣れなくなった(渋くなった)ポイントはあちこちにあるが、餌なら今でも釣れている。それは磯マグロも同じである。トカラ、小笠原などはまだまだたくさんのカンパチ、磯マグロが生息しているが、ディープジギング全盛時代の10年~15年前に比べてはるかに釣れなくなっている。

ただし上手な人は今でもかなりの確立で大きなカンパチを釣る。魚がすれてしまっている現在では腕の差が大きく出る。そのようなことだから腕を競うと言う点では今の方が面白いかもしれない。昔は落とせば誰でもヒットしたのだから。

今回同行の小野さん(シャウト)は国内で40キロオーバーのカンパチを3匹釣っている。しかも最近である。これは素晴らしいことである。日本の若手ジガーの第一人者と言ってもいいだろう。昨年は俺と塚ちゃんとDJ、今年は埼玉支部と屑弁が同行する。はっきり言って俺も含めて達人とか名人とか言えるレベルではない。過去の実績はそれなりのものがあるが、誰でも釣れるようなところばっかり行ってるからである(笑)。今回ようやく本物のジャパニーズジガーを連れていける。サミもキャプテンのマイクも今回で日本のレベルをやっとわかってもらえるだろう。俺、塚ちゃん、DJ、埼玉支部、屑弁では日本は世界で一番ジギングのレベルが低いと思われてもしかたない(^^;


ニューヨークJFK空港に到着。居残ってケープコッドに行くビルダーの出迎えを受ける問題親父たち(笑)
1_1_20101024080103.jpg

いつものMIKADOで歓迎会。
1_2_20101024080102.jpg

ニューヨークからノースカロライナのウイルミントンまで片道12時間。アメリカ人はこんな距離はさして遠いと思わないらしい。
1_3_20101024080102.jpg

深夜3時過ぎにホテルに到着して5時にはホテルを出て6時出船。やたらと眠い。

移動中はビーンズバッグに座って寝る。これはとにかく快適で起きるのが嫌になる。
1_3b.jpg

ジギングを開始すると、やっぱり入れ食い。

埼玉支部は23キロで自己記録更新!
1_4_20101024080101.jpg

※重さは尾叉長と胴回りを計測して換算表で確認する

俺と46キロ(尾叉長59インチ)、これが今回最大だった。
1_5_20101024080144.jpg

屑弁は39キロで自己記録大幅更新!
1_6t.jpg

これはヒレナガカンパチ(ジャックアルマコ)
1_7_20101024080144.jpg

※カンパチはアンバージャックと言う。

20キロ以下のカンパチはほとんど船べりリリース。それ以上ありそうなサイズを上げて写真を撮った。もちろん写真を撮った後にリリースした。
1_8_20101024080143.jpg

リック艇では予想通り小野さんのワンマンショーだった。
1_9_20101024080728.jpg

次から次とカンパチを釣りまくる。
2_0_20101024080727.jpg

2_1_20101024080727.jpg

これにはサミも脱帽だった。

サミ「オノサン、スゴイ!」(英語:Ono-san, Shout field tester amaze me with his jigging skill)

やっと日本のレベルをわかってもらえたようだ(^^)

そんなサミも相変わらずタフで休まず釣り続ける。
2_2t_20101024080807.jpg

次々とカンパチをゲット!
2_3t.jpg

久しぶりに参加のHさんも船酔いに苦しみながらも次々ゲット!
2_4_20101024080726.jpg

2_5t_20101024080806.jpg

埼玉支部もほ珍しく頑張った(半分はサボっていましたけど)
2_6_20101024080726.jpg

屑弁も午前中はほとんど休まず頑張った
2_7_20101024080725.jpg

さてリリース方法だが

リリースギャフで魚をランディング
2_8t_20101024080805.jpg

胸鰭の後ろにエアー抜きの針を刺す
2_9t.jpg

簡単にエアーが抜ける。そして即リリース。とにかく素早いリリースで、すべて元気に潜っていった。
3_0_20101024081438.jpg

たくさんのマンタがお目見え
3_1_20101024081437.jpg

ジャパニーズアングラー(埼玉支部と屑弁)は午後になるとこうなった。
3_2_20101024081437.jpg

そして2時ごろにはキャプテンに「Stop Fishing!」「Let's return to the hotel!」と叫んでた(笑)

ホテルに戻ってチャイニーズレストランで宴会。

残りの2日間は釣り中止となったので翌日帰路についた。


帰りの途中バージニア州リッチモンド郊外にあるバスプロショップに寄る。
3_3_20101024081436.jpg

とにかく広くてデカイ店だった。ここで頑張って特大ステーキ食べた。偉大なアメリカをようやく知る(笑)
3_4_20101024081436.jpg

ケープコッド~ノースカロライナと走行距離3500キロをサミは一人で運転した。そして釣りも休まない。とにかくタフな奴だ。
3_5_20101024081435.jpg

何の役にも立たない日本人(爆)
3_6_20101024081626.jpg

あちこちで路上駐車して立ちションする問題親父にサミもかなり飽きれ顔(^^;
3_6b.jpg


ワシントンに着いてサミの一族の家を訪れた。そこは大使館通りのど真ん中にあった。
3_7_20101024081625.jpg

スゴイ豪邸だった。
3_8_20101024081625.jpg

クリントン大統領にホワイトハウスに招待されたことも。
3_9_20101024081624.jpg

葉巻をいただいてご機嫌の屑弁
4_0_20101024081624.jpg

一本8000円の葉巻をサミの兄弟は1日5本吸うとか・・・1日4万円、1ヶ月120万円!

いったい一族は何者なんでしょか?


12時間後にサミの自宅のあるニュージャージー州プリンストンに到着。すぐ近くにアインシュタインが教壇をとっていた大学があった。


そして翌日はニューヨーク市内観光。それは深夜2時過ぎまで続いた。問題児が数名いるのでやはり問題だったです(爆)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。