--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/06

モンゴル・タイメン釣行その5

ここではミルクは袋買い。
22_20110626031411.jpg

チョロート川からムルンに戻ってウランバートルまで飛行機で移動。1泊してオノン川上流(ロシア国境近く)のバチュレットという部落に向かった。

大平原に何本も見える紐のような跡が道路。どれを走って行くかはドライバーのそのときの気分?
1_20110626031139.jpg

ところどころに湿地帯。ここは避けないと大変なことになります。
2_20110626031138.jpg

シャッタースピードを8000分の1秒にするとプロペラは止まって写る。暇なんでカメラで遊んでました。
3_20110626031138.jpg

ウランバートルのチンギスハーン空港に到着
4_20110626031137.jpg

何かスポーツをやるドームです(なんだか忘れてしまった)
5_20110626031137.jpg

久しぶりの舗装道路
6_20110626031136.jpg

市内はいつも大渋滞(電車も地下鉄もない)
7_20110626031247.jpg

現地の日本人に評判のレストランに行った。ケンピンスキー・ハーンパレス・ホテルの中にあります。
8_20110626031246.jpg

おっ、期待できそうです。
9_20110626031246.jpg

とりあえず乾杯♪
10_20110626031245.jpg

大量に注文しました。
11_20110626031245.jpg

最後はお蕎麦。
12_20110626031244.jpg

まじで美味かったです。

料理長の島田さんと。
13_20110626031331.jpg

我々が泊まったホテルはサンジン・グランド・ホテルです。
まあまあのホテルだけど、この日はインターネットが何かのトラブルで繋がらなかった。

翌朝、オノン川へ出発。今度はランクルです。
14_20110626031330.jpg

ゾルジさんに11歳の男の子がいると聞いて、同行させるようにお願いした。子供の名前はエルフヂン君。オノン川で屑弁と釣り対決させることが連れて行く理由だ。ちなみにエルフヂンは釣り未経験である。

めっちゃ面白くなってきたぞい(^^)


料金所です。ここから高速道路へ入ります。
15_20110626031330.jpg

1時間ほど走るとチンギスハーンの特大モニュメントが見えた。ここから先はチンギスハーンとゆかりの深い土地です。
16_20110626031329.jpg

道路は牧場の中を走ってるんだろうなあと思います。
17_20110626031329.jpg

日本人が設計した道路だそうです。丈夫で長持ちしているそうです。
18_20110626031328.jpg
ウランバートル市内と周辺の道路はあちこち舗装が剥がれて穴だらけです。雨が降ったらあちこちが水没します。そのとき長靴が必要になるわけです。屑弁は成田から長靴履いてました。正解です(笑)。

これは日本で技術を学んだモンゴル人が最近作った道路だそうです。
19_20110626031413.jpg

5時間走って舗装道路との分岐点の町に到着。

ここでビール、ジュース、フルーツなどを買いました。
20_20110626031412.jpg

町営住宅かな。
21_20110626031412.jpg

モンゴルを代表する料理「ホーショール」です。
23_20110626031411.jpg
中にひき肉入ってます。餃子のような生地で包み油で揚げます。生地はパリパリしていてとっても美味しいです。4枚も食べてしまった。

そしてそこからオフロードとなった。
24_20110626031411.jpg
このあたりはチンギス・ハーンゆかりの大地。800年以上前にチンギス・ハーンはこのあたりを征服してから、南へ西へと領地を広げていった。

地図もなければ、標識もない大平原をどこまでも走る。

その6へ続く。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。