--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/13

モンゴル・タイメン釣行その7

少年との決着はこうなった(爆)
57_20110626033004.jpg


ガイドさんが見つかりようやく釣りを開始することになった。

シークレットポイントに向かう。
48_20110626032934.jpg

道なき道を延々と走った。
49_20110626032934.jpg

屑弁とエンフヂン少年の勝負が始まった。
50_20110626032933.jpg
ちなみにエンフヂンは11歳で釣りは未経験である。

偉大なチンギス・ハーンを産んだ大地。
51_20110626032933.jpg
こんなところで釣りができるだけで俺は満足。

勝負を一時中断して夕食を。
52_20110626032932.jpg
カップラーメンですが。

勝負再開!

まずはエンフヂンが釣った!
53_20110626032932.jpg
グレイリングという魚です。

屑弁ピンチ!

でも本人はいたって呑気です。

その間に俺は

タイメンを2匹
54_20110626033006.jpg

レノックを1匹キャッチ。
55_20110626033005.jpg

逆転をかけて暗くなるまで頑張ったが・・・
56_20110626033005.jpg

敗者と勝者。問答無用で2000トゥグルク(約150円)没収された(笑)
58_20110626033004.jpg

負けて悔しい屑弁は携帯に保存してある322キロのクロマグロ(昨年ニュージーランドで釣ったやつ)を少年に見せてたが、少年は「お前に釣れるわけない」という顔をしてた(爆)

しかも「日本へ来い!」「次は日本で勝負だ!」とまで・・・

よほど悔しかったのか?

だったらもう少しキャスティング練習しなされ。


帰りは真っ暗な草原を走って、泥沼にはまった。
59_20110626033003.jpg

全員が下車して車を押した。

前輪の前で押したので俺は泥だらけになった。
60_20110626033052.jpg

宿に着いてまたトラブル発生。運転手がキーを車内に置いたままドアを閉めてしまった。
61_20110626033051.jpg
その後、警報機が何度も鳴ってたけど、1時間くらいで開けちゃいました。

今日の労働が終了してみんなで乾杯♪
62_20110626033051.jpg

みんな寝袋にくるまってお休みです。
63_20110626033050.jpg

そして最後の朝が来た。
64_20110626033050.jpg

またあちこちで道を尋ねながら走った。
65_20110626033049.jpg

あきらかに来た道とは違ってた(笑)
66_20110626033131.jpg

途中から屑弁が運転した。
67_20110626033130.jpg

雨であちこちがこんな状態。車は泥だらけになった。
68_20110626033130.jpg

5時間走ってオフロードの最終地点に到着。
69_20110626033129.jpg

美味しいと評判のレストランに入った。

俺は山羊と野菜のスープを食べた。マジで美味かった。
70_20110626033129.jpg

毎日いっぱい食べたので帰国時はお腹がパンパンに腫れてた・・・(^^;;;

評判のレストランは次々と客が入ってきて、ずっと満席だった。
71_20110626033128.jpg

表にトイレがあったので大便を。

ドアが無いので道路から俺の尻は丸見えだった(爆)

お疲れのランクル。乗り心地はプルゴンとは比べ物にならなかった。
72_20110626033143.jpg

でももう一度プルゴンに乗ってみたいぞ(^^)


終わり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。