--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/19

2度目の挑戦

NZマグロ1
昨年8月、ニュージーランド南島の巨大クロマグロに挑んだ。あれから1年が経とうとしている。
昨年の釣行記
前半組 http://grouperboys.web.fc2.com/07report_a/0708grey_1/grey_a.htm

後半組 http://grouperboys.web.fc2.com/07report_a/0708grey_2/grey_a.htm

結果は2グループ、10日間チャーターしてミナミマグロ船長推定142キロ1匹(中村豪)、クロマグロ船長推定182キロ1匹(石井幹雄)だった。石井さんのクロマグロは全長実測254センチあった。これは日本近海なら250キロクラスのマグロと同じ全長だ。
また南半球にはクロマグロはいないと思っている第一人者が多い。ところがDNA鑑定の結果、ニュージーランド南島で釣れるクロマグロは日本のマグロと同じということがわかった。太平洋のクロマグロの産卵海域は台湾東方沖から九州、南本州にかけてであり、近海で幼年期を過ごし、成長するにつれて遠くまで回遊するらしい。ニュージーランド南島で釣れるクロマグロは小さくて170キロくらいある。それより小さいマグロはまず釣れない。その原因は赤道を越えて南半球まで来る。そのとき水温の高い赤道付近では深海を通過する。そのためには大きなマグロでないと体力がないので通過できない。そんなことでニュージーランドで釣れるクロマグロはほとんどが200キロ以上もあるのだ。

そんなことでやはりクロマグロは釣りの最高のターゲットだと思う。同じくらいの大きさのカジキは俺のクラブ内でもスピニングタックルでたくさんキャッチされている。ところがクロマグロというと100キロはスピニングではまだ誰も上げてない(ヒットは多数あり、交代してのキャッチは報告されている)。

俺の今まで一番の大物は2000年に奄美大島でジギングで釣った推定250キロ以上のハンマーヘッドである。ファイティングタイムは4時間15分。最後までスタンディングでやった。船べりまで浮いてきてサメと確認したときに同行者に大物のパワーを経験させようとロッドを渡したが、その本人は5分も経たないうちに根を上げていた。ギャフを3本かけて4人がかりで引きずり上げようとしたが、重すぎて首のところまでしか水面から上げられず、諦めてそのままリリースした。4人で首までしか上がらないのだから300キロ以上あったかもしれない。
NZマグロ2

先月インドネシアに行ったとき、友人に「茂木さんが一番釣りたい魚はなんですか?」と聞かれた。俺は「交代するような魚に出会いたい」と答えた。今まで自分がギブアップする魚に出会ったことがない。海にはそんな人間の力ではどうにもならない魚がいっぱいいるはずだ。そんな魚と一度でいいからファイトしてみたい。

1年越しに挑戦するニュージーランドのクロマグロ。今からワクワクしている。リールはケンマツウラ50S2台。替えスプール2個。ティアグラ50W・LRS1台。ロッドも特注で2本。ラインはPE10号1000メートルと12号800メートル。リーダーはナイロン240ポンドもしくは200ポンドを25メートル。ハリスはフロロの150号5メートル。500LBのクランキングリーダーも用意した。フックはがまかつのサークルフック11/0とオーナーのスーパームツ35号と40号。ハーネスはブラックマジックのスタンディング用。スナップスイベルは500ポンド用。予備のライン5400メートル。

リールのドラグはストライクポジションが12キロ。ファイティングドラグが22キロである。それを交代しないでスタンディングでやるのだ。昨年は後半組の桑原君が3時間やったのが最長だった。クルーも「ビッグ!」と言ってたが、あと少しというところでラインブレイクだった。桑原君のほうはまだまだ余裕で、あと5時間くらいでもできそうだったが。

ジャンケンで順番を決めたので前半組は最初の1人しかファイトができなかった。2番目以降はマグロがヒットせず、何もしないで帰国した。自然相手、しかも最強のターゲット「クロマグロ」である。そんな簡単には釣れないのだ。そして多くの者が再びチャレンジする。

船は2週間チャーターした。同行者は前後半で計9名。

2年前最初にこの話を聞いてすぐに釣行計画を立てた。

早くも2年が経った。

準備は整った。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。