2012/12/28

青森挑戦16年目の夏・セミナー編

まずは8月に行われたSFPC主催のクロマグロキャスティングセミナーから
1_20121226095803.jpg

この詳細は8月中にSFPCのHPでアップされてます。
http://www.sfpc.jp/
Activitiesより入ってください。

SFPCではこのようなセミナー、釣行会を年に6~7回企画しています。船上での安全、マナー、釣り人としてのモラルの向上を目指しています。


なんと和歌山県からトラックにボートを載せて参加された方も
2_20121226095806.jpg

マグロが湧いたぞ情報が入り、権現沖から竜飛沖へ走る
3_20121226095809.jpg

うおー!!
5_20121226095813.jpg

うおー2!!!
6_20121226095817.jpg

うおー3!!!
7_20121226102910.jpg

うおー4!!!
8_20121226102914.jpg

うおー5!!!
9_20121226102918.jpg

ここからは8枚連写!
10_20121226102923.jpg

これはつり丸の別冊「EXマグロ」にカラーで見開きで載ったよ。
11_20121226102928.jpg

使用タックル
カメラ:CANON EOS1DX
レンズ:CANON EF70-200 F2.8
12_20121226102952.jpg


13_20121226102957.jpg


14_20121226103001.jpg


15_20121226103005.jpg


16_20121226103009.jpg

マグロが飛んでる時間は0.5秒前後です。その間に撮るのは至難の業です。釣りをしていたら絶対に撮れません。
17_20121226103035.jpg


これは俺が過去で一番気に入っている写真です。2011年3月のアメリカ・ノースカロライナで撮りました。
クロマグロ
オーストラリアのフィッシングジャーナリストにコピーだと言われた写真です。そのくらい撮るのが難しいということです(笑)
使用タックル
カメラ:EOS7D
レンズ:EF70-300 F4


昔カメラがマニュアルだった時代の聞いた話です。

あらかじめジャンプする位置を予想してピントを合わせてたようです。ジャンプしてからピントを合わせても遅いですからね。ですからぴったしとピントが合っている写真はほとんどありません。開高さんのオーパに出てくるターポンやドラードのジャンプ写真はピンボケばかりです。

そんな難しい写真も現代は素人でも撮れます。それはカメラマンの腕が上がったのではなくてカメラの性能が上がったからです(笑)

他にお気に入りのジャンプ写真です。

イルカ
イルカ


ドラード(ウルグアイ川にて)
ドラード


ターポン(ニカラグアにて)
ターポン



さて本題に戻ります。


せっかくの大チャンスも皆さんトラブってますね~
18_20121226103039.jpg

ヒットー!
19_20121226103042.jpg
3秒でリーダーの結束部が切れちゃいました。

もう1回ヒットがあったけど、それはリーダーのすっぽ抜け・・・

数々の歴戦の持ち主であるセミナーの講師も「こんなナブラは何年振りかに見ましたよ」というスーパーチャンスでしたが。

皆さん、基本が大切だということがよくわかったと思います。

俺、カメラ持ってるだけで何のアドバイスもしてないので、大きなこと言えません(-_-;)


でも宴会は最高に盛り上がってました!(^^)!
20_20121226103045.jpg

今回参加の最年少、和歌山から参加の浦地隆盛(りゅうせい)君10歳です。イチローの大ファンです。
21_20121226103048.jpg

イチローからサインを書いてもらった後に俺の所へ来て
「あんたもついでに書いて」
22_20121226103112.jpg
生意気なガキでした(怒)
お爺ちゃん(と言っても俺より9歳も若い)が来年8月のカナダ巨大クロマグロに挑むので虐めてあげます(笑)


とっても悲しいニュースです。

青森にマグロを釣りに行った方のほとんどが知っているマグロ犬「花子」がこの8月に永眠されました。
h23t.jpg


h24_20121226103114.jpg


h25_20121226103117.jpg
ご冥福をお祈りします。

太郎丸の船長がとってもさみしがってたのが、見ていて辛かったです。


次は青森9月編です。