2013/02/22

ジギング天国ランフリーバンクスその2

天気が回復。そしてアングラーも回復。入れ食いです。

ペンペンもフォトサイズをキャッチ!
19_20130221152336.jpg
同行のカメラマンは20キロ以下では写真撮ってくれません(笑)


障害者I君も絶好調!
20_20130221152337.jpg
このころからインチキ障害者と呼ばれてました(笑)

25キロオーバーを連続でキャッチするなんて健康体でも辛いですよ。

俺「おい、どこが悪いんだ?」



コノヤロー君もおかしなポーズで頑張ってますが・・・何か?
21_20130221152339.jpg
しかし、船長モテモテだね。顔は引きつってましたけど(笑)


コノヤロウ!と毎回叫んでましたが・・・何か?
22_20130221152340.jpg


柔道じゃないんですけど・・・何か?
23_20130221152342.jpg


テクニックに関係なくヒットですから(笑)
24_20130221152403.jpg


おっ、顔が真剣になったぞ!
25_20130221152405.jpg

MCワークスのSB516がいい感じで曲がってました。


上がってきたのは特大のヒラマサ!スティーブも慎重にランディングデッキに降りてランディングです。
26_20130221152407.jpg


ずど~~~ん!船上実測41キロ!
27t_20130221152519.jpg
今シーズンのエンチャンター最大です。

でも1か月後と2か月後にあっけなく追い越されます。

茂木ツアー&グルーパーメンバーのニュージーランド遠征は今年で12年目、合計40回くらいだけど40キロオーバーは過去に2匹しか上がってません(俺の45キロと小西の40キロです)。それが今シーズンは2か月で6匹もキャッチされることになります。その6匹はすべてシングルフックです。


丸々としたヒラマサ。日本の真冬の寒ブリみたいです。
28_20130221152408.jpg


これもリリース!
29_20130221152410.jpg
ヒラマサは強い魚でリリース後の生存率はかなり高いです。


インチキ君はハプーカもキャッチ!
30t_20130221152521.jpg


最終日はホワイトアイランドへ行った。
31_20130221152430.jpg


コノヤロー君が寿司とソバを作ってくれた。みんな美味しさに感動です。
32_20130221152432.jpg


ここでもインチキ絶好調!
33_20130221152434.jpg


ジギング初めての加藤さんも30キロをキャッチ!
34_20130221152435.jpg


夜はトビウオが船に飛び込んできた。トビウオシーズンになるとヒラマサがトップでガンガン釣れます。
35_20130221152437.jpg
でも、まだ本格化しておらずキャスティングは激渋でした。あと1~2週間で良くなりそうな気配。


キャステイングで一躍世界のアングラーに有名になったホワイトアイランドは現役の火山です。いつか痛い目に遭うかも(-_-;)
36_20130221152453.jpg


ニュージーランドはアホウドリの天国です。たくさんの種類のアホウドリを見ることができます。

これはハジロアホウドリ。一番多く見かけます。
37_20130221152454.jpg


これは世界最大級のワタリアホウドリ(Wandering Albatross)。翼を広げると3メートル以上あります。
38_20130221152456.jpg


ランフリーバンクスはいつ行っても釣り人を裏切りません。

最高にお勧めポイントです。



次は南太平洋の楽園クリスマス島です。