--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/27

レッドフィッシュ初挑戦・その1

西海岸のどこかの町(忘れた)からヤガラが来た。

アメリカに渡って3年目です。釣りばかりしてるような気がします(笑)


まずはホームセンターでフィッシングライセンスを購入。17.50ドルなり。
r1_20130424112741.jpg


だいぶ英語も上達したのでようやく使える男になった(^O^)
r2_20130424112743.jpg


日本でいう船宿。ベニスのフィッシングロッジに到着。ニューオーリンズから80キロくらい。
r3_20130424112745.jpg


宿のおばちゃんサービス満点!ヤガラの顔が(笑)
r4_20130424112747.jpg


いっぱい釣果写真がありました。
r5_20130424112750.jpg


レッドフィッシュと右はシートラウト(spotted sea trout)のレプリカ。
r6_20130424112807.jpg


早朝、キャプテンが迎えに来た。
r7_20130424112809.jpg



ロッジからマリーナまで20分くらいだったかな?


ボートを降ろす
r8.jpg


広大なミシシッピ・デルタ(ミシシッピ河口三角州地帯)の中を突っ走る。
r9.jpg


とにかく嘘のように広いデルタである。
r10.jpg


30分以上走ってもまだ着かない。
r11.jpg


ようやく到着

水深はなんと60センチ

釣り開始

蛍光色のワーム、そしてウキ、それを投げて、小さく3~4秒間隔でポッピングする。

バコッ

バコッ

来た!
r12.jpg

まずはかる~く15ポンド
r13t.jpg


キャプテンはシートラウトを
r14t.jpg


再びヤガラ
r15.jpg


サイズアップの20ポンド
r16.jpg


こんな顔です
r17t.jpg


ここからすぐ近くで2010年4月に大きな原油流出事故が起きた。推定78万立方メートルの原油が流出した。大型のタンクローリー2万6000台分である。

事故が起きた場所の周辺はクロマグロやターポンの産卵場だった。


ルイジアナ州は2005年8月にはハリケーン・カトリーナが襲って、たくさんの被害者が出た。特にニューオーリンズの被害は甚大だった。

5年の間に2度の大惨事が襲った。


この赤錆びた灯台が立つ場所は元々は陸地だった。
r18.jpg

相次ぐ水害で陸地はどんどん狭くなっている。



でも釣り人はのんきなもんです。
r19.jpg


釣れれば喜んでます。
r20t.jpg
でも復興のためにお金を使うことは大事です(^O^)


大きく見えるけど10ポンド以下です。
r21t.jpg


とりあえずレッドフィッシュ初キャッチなんで。
r22.jpg


水温は13度です。ミシシッピ川の影響を受けているので、緯度の割にかなり低い水温です。

でもミシシッピ川が豊富な栄養を海に運ぶのでアメリカを代表する一大シーフード漁場でもある。なんとこの三角州地帯での漁獲は米国全体の4分の1を占めるんだそうだ。エビ、カニ、カキ、そしてたくさんの魚。


もちろん釣りも盛んで、中でもレッドフィッシュは日本でいえばシーバス。大人気の魚なのである。


さて、もう少し大きいのを狙って頑張ります。

その2へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。