--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/20

10年連続幸漁丸ツアー

今年で10年連続の幸漁丸ツアーです。年々宴会色が強くなって釣果がさびしくなってます。宴会で燃え尽きるのが原因ですが。

幸漁丸は九州のジギング船として歴史のある船である。多くのジガーがここで修行して育っていった。九州のジギングレベルは高い。そのリーダー的存在である。

幸漁丸釣果速報
http://yellow.ap.teacup.com/koryomaru/
幸漁丸HP
http://www.f-kumagai.co.jp/koryomaru/index.html


福岡に到着するなり行きつけのモツ鍋屋「赤門屋」で宴会



09417_5.jpg

深夜に平戸まで走って船中か車中に寝て、早朝五島沖に向かった。

ワラサが数本上がった後にブクローがヒラマサをキャッチ
09417_8.jpg

続いてデブスギと土井神がダブルヒット!

デブスギのヒラマサは9.8キロ。この日は6本キャッチして竿頭だった。ジグはほとんどキラージグ4の150グラム。
09417_10.jpg

土井神のヒラマサは9.2キロ。ジグはCB-ONEのC1ロング。
09417_12.jpg

今度はどばヤン、び~るだ~さん、さっぱりのトリプルヒット!

どばヤンのヒラマサは9キロオーバー
09417_16.jpg

俺が小さいのをようやくキャッチ
09417_19.jpg

仕入れ班長が9キロオーバーを。ジグはキラージグ4。
09417_20.jpg

1日目はヒラマサを18本キャッチ。ヒットジグはキラージグ4がダントツだった。ロッドはMCの583、574、625、633など。ラインはPE3から5号。リーダーはフロロの50から80ポンド。


この日は島ホテルで宴会。とてもアップできない画像はミクシイで(笑)
09417_25.jpg


2日目は天気最高でした。

トップで狙ったけど不発。やはり鳥が見えないと厳しい。ベイトもアジが中心らしいのでヒラマサは中層から下に反応が集中した。
09417_39.jpg

この日はからた君が朝から絶好調。ジグはDUELのCS。
09417_41.jpg

仕入れ班長のEVO633が大きく曲がった。
09417_48.jpg

8キロ前後のヒラマサをキャッチ。ジグはキラージグ1。
09417_50.jpg

この日はさっぱり君が絶好調で竿頭。ジグはマサムネの135グラム、ブルーイワシ。
09417_55.jpg

ヤセスギも後半立て続けにキャッチ!ジグはキラージグ1のブルー。これで全員キャッチだ。
09417_58.jpg

なんとイケスの中でヒラマサがカサゴを飲み込んでいた。凄い食欲!
09417_59.jpg

2日目も18匹キャッチで2日間トータル36匹だった。これだけ釣れたのは久しぶり。今年はヒラマサの魚影が濃いとの話。



3日目の夜は15年来の釣り仲間大宅さんが経営する大川のパンゲアで超豪華な宴会でした。
09417_61.jpg

乾杯!
09417_62.jpg

大宅さんの本業は建築家。趣味が高じてパンゲア(イタリアン)をオープンしたのは6年ほど前のこと。
09417_63.jpg

富重さんと白石さんも駆けつけた。ともに奄美のスーパーディープジギング開拓頃の釣り仲間。
09417_65.jpg


平戸は九州のヒラマサジギングの原点でもある。そして数々の伝説を築いてきた。キラージグはここで生まれた。それ以来ロングジグが主流になった。ヒラマサジギングの歴史を語る上で外房と並んで重要な海域である。

そして現在も最先端を行っているのだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。