--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/08/01

2回目のキューバ・観光編その3

ちなみにアメリカからキューバへ行くことはできない。アメリカはキューバ革命の直後から経済封鎖を続けてます。そしてキューバを国家として認めてない。

国連総会における米国の対キューバ経済封鎖解除決議投票結果 1992-2012

昨年は188対3とアメリカが圧倒的大差で負けてます。アメリカに票を入れたのはイスラエルとパラオだけです。

いつまで国連の決議を無視し続けるのか?

アメリカってガキ大将と同じですな(笑)


そんなわけでカナダからキューバへ行くわけです。


経済封鎖されてもキューバ人は強い。

50年以上も車を乗り続けるからね。

しかも最近は古い車の人気が上昇中

安くて6000ドル(約60万円)、状態が良いのは15,000ドル(約150万円)以上するそうです。

人気の秘密は

クラシックタクシー。最近観光客の間で大人気。
1_20130730001605.jpg
これは1950年ころのシボレーです。


ハバナの要塞群は世界遺産です。

モロ要塞。対岸はハバナ市街。
2_20130730001608.jpg
対岸にはブンタ要塞がある。


モロ要塞から見たカバーニャ要塞。ここにはゲバラの執務室があった。
3_20130730001611.jpg


これが対岸のブンタ要塞。モロ要塞と挟み撃ちで侵入しようとする敵艦や海賊に砲弾を浴びせた。
4_20130730001614.jpg


モロ要塞の大砲
5_20130730001617.jpg


次はハバナ市内に戻って、ヘミングウェイが通ったレストランへ


その名はラ・ボデキータです。
7_20130730001637.jpg


生バンドがいつも演奏してます。
8_20130730001640.jpg


4年前も食べた黒豆とライスを炒めたもの。これは何度食べても美味い!
9_20130730001642.jpg


満腹の後は市内を散策

ローマにある真実の口と似たもの発見

屑弁が恐る恐る手を入れます。嘘つきだと手をかみ切られます。
10_20130730001644.jpg
これはただの郵便受けでした(笑)ハバナ市内のあちこちに見られます。


壁に描かれた見事な壁画
11_20130730001701.jpg


頼まなくても似顔絵描いてくれます。
12_20130730001703.jpg
もちろん有料

しかも全然似てない(笑)


このインチキ警官も金が目当て
13_20130730001707.jpg


サービス精神あふれてました。
14_20130730001711.jpg


モテモテの屑弁
15_20130730001714.jpg


小島御大もデレデレです(笑)
16_20130730001731.jpg


御大「金が・・・」
17_20130730001734.jpg
小銭全部なくなりましたとさ。


次は馬車です。ガイドさんが交渉してくれてます。すべて込みで20ペソです。
18_20130730001737.jpg


乗り込んだ。
19_20130730001741.jpg


馬車で海岸通りを走ります。


フォード・フェアライン500、1957年ころの車。
20_20130730014607.jpg


1952年ころのキャデラック
21_20130730001800.jpg


1953年ごろのシボレー
22_20130730001802.jpg


1957年のシボレー・ベルエア
23_20130730001805.jpg


なんと1935年のフォード
23b_20130730021419.jpg
78年前の車がまだ走ってます。


これも古い。1948年のシボレー
24_20130730001807.jpg


釣り人発見。タックルも時代遅れでした(笑)
25_20130730001810.jpg


馬車は海岸通りから市内へと進んだ。
26_20130730001826.jpg


2回目のハバナだけど、何度来ても楽しいです(^O^)


その4へ


PS.現在シカゴ空港です。こちらは昼の11時。日本は深夜の1時です。ちなみにキューバの帽子をかぶってます(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。