2013/08/22

2回目のキューバ・釣り編その3

ルアー班は俺と屑弁の二人だけです。日程14日間の海外遠征に同行できる人はほとんどいません。
屑弁は腕は大問題だけど、貴重な遠征メンバーです(^O^)


ちなみに4年前(2009年12月)もルアーは俺と屑弁の二人でした。
http://uminchumogi.blog111.fc2.com/blog-entry-53.html



どこかの釣具屋で買ってきた屑弁ロッドは使い物にならず、1日でお蔵入り。
1t_20130801210225d57.jpg

俺「俺も釣具屋やってるんだよ」「知ってる?」
屑弁(-_-;)


俺のロッドを貸して上げたら「よく飛ぶ!」と喜んでました(笑)

でもヒットしません(爆)


これは俺が釣ったグッドサイズのMutton snapper(多分)
2_20130801210705ac5.jpg


これは外道の親分「バラクーダ」
3t_20130801210226b93.jpg
いっぱいヒットするのでルアーはすぐにボロボロ(涙)


やっと屑弁もキャッチ!

Yellowtail snapperです・・・多分
4_20130801210707cfc.jpg



俺にちょっと大きいのがヒット!


浮いてきた。
5_20130801210304d92.jpg


18キロくらいのグルーパーでした。
6t_2013080121022761b.jpg

すぐにリリースしたらガイドが泣きそうな顔してた(笑)


もう1匹すぐに釣れたのでガイドにあげました。


釣りから戻ると暖かいピザと冷えたモヒートが出てきます。
7_20130801210307671.jpg


これは俺が釣ったスナッパーです。フエフキ系の魚でとっても美味しいです。
8_20130801210308930.jpg


1日が終わって乾杯♪
9_20130801210332407.jpg


翌日は

サイズアップ!
10_201308012103339c5.jpg


この他の写真がありません(-_-;)


実はターポンはいっぱいいました。

そのターポンの群れに出くわす前に屑弁がバラクーダを掛けた。挙句にリーダーブレイク。

俺がノットを作っている(屑弁は漁師結びしかできない)間にターポンが大群で現れた。

屑弁が投げた!

10匹くらいのターポンがルアーに襲いかかる。

バレてもバレても、次々とルアーに襲いかかる。

船べりでも襲い掛かる。

凄いシーンでした。

以上っす(-_-;)


貴重な遠征メンバーには犠牲も必要です・・・(大嘘)



暖かいピザと冷えたカクテルです。
11_201308012103347c3.jpg


なんてカクテルだったか?
12t_2013080121022874d.jpg
キューバ・リブレ?


カリブ海に沈む夕日
13_201308012103359bd.jpg


今夜はロブスター(イセエビ系の)。
14_201308012103371e9.jpg
カナダやケープコッドで食べるロブスターはザリガニ系(ウミザリガニ)です。

俺はザリガニ系が好きです。


ガイドのボスもディナーは一緒
15_20130801210404fc2.jpg


珍しい俺の写真
16_20130801210406c8a.jpg


今回の狙いはターポンとクベラです。


クベラの子供が釣れた。
17_20130801210407d3b.jpg


マングローブの水路を猛スピードで進む
18_20130801210408751.jpg


マザーシップは昼のうちに次の場所に移動しています。


我々は釣り用のテンダーボートに乗り、朝から夕方まであちこち回ります。
19_201308012104102f9.jpg


ジャックが釣れた。
20_20130801210427361.jpg
ギンガメアジに似た魚でけっこう引くけど外道です。


ターポンってフッキングが難しいです。サイズが小さいとなおさら難しい。

日本から持参したフックは大きすぎたか・・・


釣り編・その4へ続く