2013/12/21

佐渡島初上陸・その2

もう3か月も前なので記憶が・・・


そして佐渡上陸2日目は金探しです(笑)


これは江戸時代に掘られたそうです。
1_20131112010121cf8.jpg


中はとってもひんやりしてました。
2_201311120101245d7.jpg


かなりリアルな人形です。子供は怖がって泣く子もいるとか。
3t_20131112010430a7d.jpg


こうやって穴の深いところに溜まった水を外へ送ります。
4_20131112010127282.jpg


これは上質な金鉱。1トン中に金が4キロ、銀が8キロ含まれてます。
5_201311120101290f9.jpg


この金山から作られた小判です。
6_20131112010131da3.jpg


これを盗み出そうと必死に頑張ったけど・・・
7_20131112010146a81.jpg


この動画を見てからやるべきだった。




1601年に発見され、1989年(平成元年)まで掘りつづけられたそうです。


これはヨーロッパの技術を最初に取り入れた大立竪坑。
8_20131112010151abf.jpg



これは昭和以降に稼働していたのかな?
9_201311120101543a6.jpg


このドーム型は?競技場かな?いえシックナーという設備です。
10_20131112010157524.jpg
シックナーとは精錬過程で鉱石と泥を分離するためのいわば遠心分離器。とはいえこれも直径50mもある大きなものです。
ローマのコロッセオに似てる?



北沢浮遊選鉱場・精錬所跡
11_20131112010200d5d.jpg
当時は一面屋根がかかったもっと大きな建物で、月間7万トンの鉱石処理が可能なまさに東洋一の巨大施設だったそうです。遺構となってもその姿は一見の価値がある迫力です。


昭和25年ごろの姿。
12_20131112010219bb4.jpg


明治30年ころ。
13_20131112010222500.jpg


お金があるとこには必ず遊郭が・・・
14_20131112010225dad.jpg


しかし、金山は過酷な労働だったらしい。
http://shichikasha.info/stories/1/chapters/15


未来のない者同士

遊女と心中する鉱夫も多かった。
15_2013111201022727a.jpg



16_20131112010229b1e.jpg



17_201311120102531ce.jpg


我々は平和な時代に生まれたことに感謝しなくては。


タヌキが訪問するペンションに2泊した。
18t_20131112010432f28.jpg



日本海側を北上する。

尖閣湾
19_20131112010255ae7.jpg


あちこちで磯ネギという漁が見られた。
20_201311120102598d6.jpg


これは今年映画になった「飛べ!ダコタ!」の碑
21_20131112010302b0b.jpg
この場所に1946年1月、英国機が不時着した。


すぐそばにいたお婆ちゃん。
22_201311120103089ea.jpg

俺「こんにちは、お婆ちゃん、ここで飛行機が飛ぶのを見ましたか?」
お婆ちゃん「着陸したときはお産で実家に行っていて見なかったけど、飛び立つときは見たよ」「鉄の網をいっぱい敷いて、飛ぶときはあっという間であっけなかったよ」
67年前にお産だから今は87歳以上かな。今でもよく覚えてるそうです。

地元ではすでに映画は先行上映された。お婆ちゃんも見たそうです。良かったと言ってた。
http://dakota-sado.net/


少し日本らしい景色も。調べたら泊川滝らしいです。
23t_20131112010435997.jpg
8月にナイアガラの滝を見てスケールの大きいことに感動したけど、日本的な滝がやはりいいな。滝らしくて(笑)


大野亀から見た二ツ亀。
24_20131112010328808.jpg



弾崎灯台(佐渡島)の近くに建つ、灯台守夫の像。
25_20131112010332b21.jpg
「おいら岬の」の歌で始まる『喜びも悲しみも幾歳月』のモデルになった灯台守夫婦はここに1941年から赴任していた。

指先にトンボが!(^^)!


最近ガードレールに稲を干すのが流行りだとか?
26_20131112010335196.jpg


縄張りもあるらしいです(笑)
27_20131112010339516.jpg


郷土博物館に展示されていた磯ネギに使うモリ。
28_201311120103417d0.jpg


2泊3日の佐渡一周の旅も終わり


フェリーで本州へ渡る。
29_20131112010358d6a.jpg


佐渡って歴史がいっぱいの島でした。


フェリーの周りはカモメがいっぱい。
30_20131112010400b7e.jpg


トキが増えて、あちこちで飛んでる姿が見られるようになったらまた訪れようかな。