2014/08/13

昨年12月のインド一人旅・その1

現在はまだアラスカのコディアックにいます。11日帰国の予定が悪天候で14日以降になってます。今日も雨です。あと4時間後の飛行機も欠航の可能性が大きいです(-_-;)


今回は昨年の12月下旬に行ったインドです。インドは初めてです。ビザを取るのがかなりめんどうでした。


12月下旬のJAL。ガラガラでした。1割も乗ってなかったです。
1_20140813030338694.jpg
今回はワンワールドのエメラルドを維持するために急遽行くことにしました。なのでエコノミーです。ビジネスやファーストはマイルでいつも取ってます。買うときはいつもエコノミーです。エメラルドを維持するために3000マイルほど足らなかったです。維持するのも大変です。でもいろいろ(手荷物の重量など)と特典があるので、取っておいたほうが得です。たぶん(笑)


到着1時間前くらいにエベレストが見えた。飛行機の方が低いかも。
2_20140813030340da8.jpg


ニューデリーのインディラ・ガンジー国際空港到着

かなり歴史のあるタクシーに乗って市内の格安ホテルへ。
3_201408130303416af.jpg
このタクシーはインドで1954年から生産され、一度もモデルチェンジをしていないアンバサダーです。1954年ということは俺と同じ年です。


しかし、残念ながら翌2014年5月に生産中止となってしまいました。

俺もアンバサダーに乗ることは2度とないかもしれません。


市内は大渋滞。ホテルに着いたのは深夜でした。
4_20140813030342947.jpg

しかし汚ねえホテル・・・



市内観光1日目

まず予約したガイドが約束の時間になってもこない。

10分くらい遅れてきた。
開口一番「これはホテルじゃないよ」
20年ガイドをやってる人が言うんだから、違うんだろうな(-_-;)
おかげで見つけるのに一苦労したそうだ。

そういえばカンボジアの時も同じようなこと言われた。
俺がホテルの前でガイドの車を待っていて何匹も蚊に刺されたので
「お前が遅いから蚊にいっぱい刺された」と言ったら
運転手「安いホテルは蚊がいっぱいいるね」


今日は市場、下町、インド人の生活臭のするところを回ってもらった。

ヒンズー教は牛を食ってはいけない。イスラム教は豚を食ってはいけない。それでチキンが多いのかな。
5_2014081303034482f.jpg


生活臭たっぷりの商店街
6_201408130322573ef.jpg


ヤギ発見。ヤギなら食っていいのかな?
7_2014081303225912e.jpg


三輪タクシーがいっぱい止まってた。
8_20140813032300177.jpg


その三輪タクシーで市内を走る。
9_20140813032301b3e.jpg


国会議事堂だったかな?
10_20140813032303c94.jpg


昼食はここでした。
11_20140813032344755.jpg


屋根を猿が歩いてた。
12_201408130323458fa.jpg


フマユーン廟(世界遺産) です。
13_20140813032347e48.jpg
タージマハルは王が亡き妻に贈った愛の墓廟。これに対して、王妃が亡き夫のために築いた墓廟がフマユーン廟だ。そしてまた、フマユーン廟はペルシア美術とインド美術を融合させて生まれたムガル美術のさきがけであり、約100年後に建築されたタージマハルのモデルとなった。



あちこちにリスがいた。
14_201408130323493a4.jpg


タカもいっぱい飛んでた。ネズミらしき小動物を襲うところを目撃したけど、カメラは間に合わなかった。
15_20140813032349b49.jpg
ガイドが言うにはリスは襲わないそうだ。


インコもいっぱい。
16_20140813032411914.jpg


クトゥブ・ミナール(世界遺産)。1200年頃にアイバク帝が勝利の記念碑として建設、14世紀にフィルーズ・シャー帝が塔の4層と5層を増築した。
18t_20140813032442278.jpg
クトゥブ・ミナールは赤砂岩でできており、5層からなり高さ72.5m、底部の直径14.32m、頂上の直径2.75m、内部に379段の螺旋階段があり、1970年代前半までは頂上まで登ることができたが、 墜落事故防止のため2階までに制限され、1980年代には全面立入禁止となった。


空港が近くにあるので飛行機が頻繁に飛んで来た。
19t_20140813032443e5b.jpg


アライ・ミナール
17_201408130324123f3.jpg
ヒルジー王朝の二代目アラウディン帝(在位1296-1316)がクトゥブ・ミナールの2倍の高さの塔を建てようと着手したが、地上24.5mの時点でアラウディン帝が亡くなり、このアライ・ミナール計画は頓挫したそうです。

完成したら150メートル以上あったのかな?
だとしたらピラミッドを追い越して当時世界一だったかも。


インドってけっこう面白い(^O^)


続く