2010/04/22

くまもとかんこうとげんかいなだ

これも2009年です。遅くなってすみません。しばらく続きます。

s5.jpg

6月6、7日と八丸、サンライズ2艇をチャーターしていた。参加者は13名。

6月4日の夕方、せ~いち船長から電話があった。
「週末は天候が崩れそうです」「釣りはできないかもしれません」

続いて5日の早朝に八田船長(八丸)から
「北東の風が強いので中止にしたほうがいいと思いますよ」

北東の風は魚の活性も下がる。そして出船できる確率がかなり低いらしい。
宴会だけでもという人もいるけど、ここは中止にしたほうがいいだろう。
と決断して、全員に中止のメールを送った。

賢明な人は迷わず中止に従った。当日なので飛行機、レンタカーなどはキャンセル料が発生する。でも釣りができない確率が高いなら、行かないほうが賢明だろう。


ところが従わない者が3人いた

ジル「何が何でも行きて~す」「釣りができなくてもいいですから」

DJ「宴会だけでもいいです」

た・つ・き「もう着いちゃいました」

まったくアホばかり・・・

迷いに迷った。


ところが
この一言で決まってしまった。
12時過ぎにせ~いち船長に電話を入れる。
俺「釣りできそう?」
せ~いち「天気予報通りなら7日はできます!」
玄界灘地方の天気予報はあてにならないので有名だが・・・


羽田空港に向かっているころ、サンライズで沖に出ていた某ビルダーから電話が
ビルダー「風が強くなってきたので早上がりになりました」
これで明日の釣りは消えた。

唐津に泊まる予定をキャンセルして博多市内にホテルをとった。

まずは博多の調査も兼ねて飛び込みで入ったモツ鍋屋
s1.jpg

美味かっただす。
s2.jpg



そして翌日は熊本観光へ
まずは熊本城へ入る

加藤清正が建てた城です。
s4.jpg
1601年に着工して1607年に完成です。

これは柱を繋ぐ部分です。
s8.jpg
左側が男木、右側が女木

ビッグサイズでし@院生
s9.jpg

「昭君之間(しょうくんのま)」です。
s10.jpg
清正は何かあったときは豊臣秀頼公をこの城に招いて守ろうと考えていたようです。

ひどい話です。
s6.jpg

ここに埋められたそうだ。
s7.jpg

昔は秘密保持のために多くの人が殺された。チンギスカンの墓、ピラミッド、始皇帝の墓、などなど。さんざん働かされたあとに殺された。ひどい話だね。



そして阿蘇山に

途中鉄橋を発見
s11.jpg
電車でも来ないかな?

あっ、来た来た!
s12.jpg
グッドタイミングでした。

阿蘇山河口です。
s13.jpg

s14.jpg

シェルターです。噴火したら逃げ込みます(おそらく焼け死ぬ)
s15.jpg

硫黄を売ってました。
s16.jpg

ここにも硫黄みたいな頭が並んでた。
s17.jpg


阿蘇山観光が終わって、大分に向かおうとした。

俺「明日は出ないだろうから、大分に行くぞ」
ジル「えっまじ中止ですか」
俺「諦めが悪い奴だなあ」
ジル「諦められねえすよ」
俺「じゃ、せ~いちに聞いてみるから」

仕方なく、せ~いちに電話する

俺「明日は中止だろ?」
せ~いち「出ますから戻ってきてください」

それを聞いて大喜びの3バカは阿蘇山が噴火したような大声出してやした!


さあ唐津へ行くぞー!!!


阿蘇山から唐津はジルが運転して3時間かかった。途中遅い車が前を走るとブツブツ言ってました。運転もハラハラドキドキでし。出られると聞いてすでに頭の回路が飛んでました。初めてセッ○スやるようなジルでした。

唐津に到着。

まずはいつもの暴飲暴食「海鮮一番」へ

名物イカの活きつくり
s19.jpg

明日は釣りができるとあって食欲旺盛でし。
s18.jpg

マグロの大好物トビウオ(アゴ)です。
s20.jpg
最高に美味いです。マグロがトビウオを本気で追っかける気持ちがわかった。



そして朝5時半出港

荒れ狂う海をマグロを探して進みます
s21.jpg

俺が寝ている間にポツポツ釣れてました。

起きてきてまもなくジルの竿が曲がった。
s22.jpg
ガチガチのファイトでし。

無事ネットへ

自己記録大幅更新の7.2キロ
s23.jpg
感激のジル

続いてた・つ・きが
s24.jpg

怒涛の4連発
s25.jpg

s26.jpg
居酒屋パーカー着て仕入れしまくりでした。

た・つ・きは奇跡と叫んでました。
しかもリールはバイオマスター(某釣具屋にはありません)
自己記録大幅更新の6.7キロ(今まではいったい何キロなんや?)
ちなみにジグはスイムライダー(鉄ジグ)200グラム
ジグが良いのか?


そして全員ヒット
s27.jpg

ジルとDJはヨコワ(メジ)でし。
s28.jpg

た・つ・きだけワラサでし。
s32.jpg

そしてみんながジギング中にトビウオが目の前で跳ねた

すかさずせ~いち船長がキャスト
ドンピシャでルアーがマグロの目の前に
バコ~~~ン

一投でヒット
s29.jpg

まさしく神業
外房伝説の再来を見たようでし。

ルアーはぶっ飛び鮪郎でし(プロト)
s30.jpg
俺「仕入れありがとう」

マグロは横浜に送られた。


トビウオがあちこちで飛び始め、マグロがあちこちで飛び出した
人間対マグロの戦争が始まった。

ジルの鮪郎にマグロが襲い掛かった。
何が起こったのかジルは大パニック
ベールを返したままでハンドルをグリグリ回すジル
ラインはたるんだままでロッドは立ったまま。
やっと気づいたジルがベールを倒す
ロッドがギュイーンと曲がった。
揺れるミヨシでのファイトは見ていてハラハラドキドキ

フッ・・・

バレちゃいました

「泳いで帰れ」


その後、トビウオも消え、マグロも姿が見えなくなった。

再びヒラマサ、ワラサ、カンパチを釣りまくる3バカです。
s33.jpg

s34.jpg

ジルですが、最後は自分も釣られてました(爆)
s35.jpg



ぎょねっとさんです。ぽちっと協力をお願いします(^^)
GyoNetBlog ランキングバナー